Pluginを入れたら管理画面に入れなくなった

久々の投稿は今日の学びシリーズからです。

やりたかったこと

久々に記事を加工と思って気づいたのですが、Word PressはデフォルトでMarkdown記法で書けない!
あるのはビジュアルモードとテキストモードの2種類のみ。

ちなみに僕はビジュアルモードなんてものは信用していない。
しかしテキストモードでゴリゴリHTMLを書くのは粋じゃない。

しかしここはWordPress。
豊富なプラグインで何でもできる。

と気軽な気持ちで Markdown Editor をポチッと入れたら死んだというお話です。

プラグインを入れたら500番エラー

プラグインを入れた直後、「このページは機能していません」というエラーが表示されました。
まぁこの文面はブラウザごとに違うので、その下に小さく薄く書いている「HTTP ERROR 500」とうメッセージのほうが重要だったりする。

500番ってことはなんかアプリケーションでエラーが起きてる。
ほぼ間違いなくプラグインを入れたせいでWordPressがぶっ壊れた。

ちなみに管理画面以外は無事らしい

迷ったらデバッグモード

やり方は簡単!
wp-config.phpに以下の行を書き足します

define('WP_DEBUG', true);

これで500エラーの理由が画面に表示されます。
セキュリティ上何でもかんでも見せるのは良くないので調査が終わったら戻しておきましょうね。

で、もう一度管理画面にアクセスして得られたエラーがこちら(一部改変)

Fatal error: Uncaught Error: Class 'Easy_Markdown' not found in /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-content/plugins/markdown-editor/includes/class-markdown-editor.php:219 Stack trace: #0 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-includes/class-wp-hook.php(288): Markdown_Editor->jetpack_markdown_settings_link(Array) #1 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-includes/plugin.php(203): WP_Hook->apply_filters(Array, Array) #2 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-content/plugins/jetpack/sync/class.jetpack-sync-module-callables.php(155): apply_filters('plugin_action_l...', Array, 'markdown-editor...', NULL, 'all') #3 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-includes/class-wp-hook.php(286): Jetpack_Sync_Module_Callables->set_plugin_action_links('') #4 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-includes/class-wp-hook.php(310): WP_Hook->apply_filters(false, Array) #5 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-includes/plugin.php(453): WP_Hook->do_action(Array) #6 /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-admin/admin.php(156): in /home/users/0/pupu.jp-xxxxxxxx/web/wp-content/plugins/markdown-editor/includes/class-markdown-editor.php on line 219

真面目に読んでないですが
markdown-editorjetpack_markdown_settings_link の二文字が読み取れます。
どうもJetPackとMarkdownEditorが内部で喧嘩してるようです。

PluginをFTPで消す

あとから入れたMarkdownEditorを消すことにしました。
しかし管理画面に入れないので削除できないという矛盾。

だいたいプラグインというのはファイルとして保存していて、設定ファイルを使って参照するというのがセオリーです。
ということはファイルを消して設定ファイルから記述を消せばだいたいなんとかなります。

答えはここに書いてありました
プラグインが削除出来ない場合の解決方法 & ログイン出来ない場合どうする? | みてみた

結論から言うと wp-content/plugins の下にプラグイン名でフォルダがあったので抹消したら動きました。

設定ファイルは探すの面倒だったんでそのまま画面更新したら普通に動きました。柔軟だなおい。

本来やりたかったこと

JetPackに普通に入ってました。
Markdownを有効にするとテキストモードでMarkdownがかけるという代物。

Markdownモードタブが増える訳じゃないんだな・・・・・・とすこし残念な気持ちになりました。

まとめ

Pluginを入れてWordPressが壊れたら、wp-content/plugins の下を消しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です